マーケティングから考える横浜・名古屋のホームページ制作(Web制作)会社 ジョイントフォース株式会社

マーケティングからはじめるホームページ制作会社

2019年のSEO統計

2019年のSEO統計について

「The State of SEO 2019 Has Landed!」-2019年のSEO統計-

この記事では、イギリスのWebマーケティング企業「Zazzle Media」が作成したSEO統計に関する記事を日本語訳で掲載しています。
The State of SEO 2019 Has Landed!
この統計は、数千人にものぼるWebマーケターーへのアンケートを通して作成されました。
今回はその中から、いくつかご紹介します。

2019年を統計的に振り返ることは、2020年に向けたSEO戦略の足がかりとなるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

重要性と効果

この12か月でSEOの重要性および効果は高まったか?

マーケターが重要だと述べた割合。
2018年:88%
2019年:97%

SEOはブランドに対して効果があったか?

-2018年

あった:79%
なかった:9%

-2019年

あった:97%
なかった:3%

ブランドにとって最も効果のあったSEO施策は次のうちどれか?

・コンテンツの作成:82%
・既存コンテンツの最適化(リライト):55%
・被リンク獲得:45%
・Webサイトの内部構造:44%
・CTR(クリック率)の最適化:40%
・titleタグの最適化:31%
・(第三者による)ブランドへの言及:28%
・404ページの修復:21%
・キーワードの含有率:9%
・キーワード、あるいはコンテンツ内容と正確に一致したアンカーテキスト:7%
・TF-IDF(コンテンツに含まれる単語の重要度を評価する手法):4%

企業は積極的にブランドに関係のあるキーワードを狙っているか?

はい:52%
いいえ:28%
わからない:20%

SEOの何を支持する?

Webマーケターは、ブランドの認知度といったような曖昧な指数よりも、より簡単に定量可能なKPIを好みやすい。

・トラフィック:40%
・コンバージョン:31%
・検索順位:12%
・ブランド認知:9%
・収益:4%
・その他:2%

ここに紹介したのは、zezzlemedia社が作成したレポートの一部です。

にほんブログ村 ブログブログへ

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

CONTACT

Webのマーケティングやホームページの制作に関するお問い合わせ、お見積りはこちら。 不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。