マーケティングから考える横浜・名古屋のホームページ制作(Web制作)会社 ジョイントフォース株式会社

マーケティングからはじめるホームページ制作会社

【Google順位変動】Googleが2020年最初のコアアップデートを実施

【Google順位変動】Googleが2020年最初のコアアップデートを実施
Googleは日本時間2020年1月14日の午前1:01に、大規模なコアアルゴリズム・アップデートを行うと発表しました。


Google翻訳:
本日後半に、年に数回行うように、広範なコアアルゴリズムの更新をリリースします。January 2020 Core Updateと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは、以前に説明したとおりです。詳細については、このブログ投稿を参照してください。


Google翻訳:
January 2020 Core Updateは現在公開されており、今後数日間でさまざまなデータセンターに展開されます。

今回のコアアルゴリズムアップデートによって検索順位にも変動が見受けられます。
カテゴリ別に見ると変動の影響が大きいのは、「医療・クリニック」「美容・エステ」「飲食」「教育・スクール」「金融・保険」となっています。
1/08(木)頃から多少の変動は見られていましたが、1/14(火)に、正式にコアアルゴリズムアップデートがアナウンスされています。

Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと
上記Googleのウェブマスター向け公式ブログでも記載がありますが、コアアルゴリズムの更新は、検索品質の改善と向上ための内容です。

コア アップデートの影響を理解するには、例えば 2015 年に作成した映画トップ 100 のリストを想像してみるのがよいでしょう。2015 年からしばらくたった 2019 年では、リストを更新する必要があります。リストが変更されることは自然なことです。以前は存在しなかった新しい素晴らしい映画がいくつかトップ 100 に加わるかもしれません。評価が見直され、以前よりも高い順位にランクインする映画もあるかもしれません。
リストが更新され、以前は高い位置にランクインしていた映画のランクが下がったとしても、その映画が悪いわけではありません。それは単に、その映画よりも高い評価を得た映画があったというだけのことです。
引用元:Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

最適なコンテンツに関するアドバイスを紹介するもう一つのリソースとして、検索品質評価ガイドラインをご紹介します。Google には、アルゴリズムが適切な検索結果を提供しているか検証し、知見を提供する品質評価者という役割が存在します。この品質評価者は、アルゴリズムに対する変更が正しく機能しているかを確認するのに貢献しています。

大事なこととして知っておいていただきたいのは、検索品質評価者はページの検索順位を制御できないということです。品質評価者のデータが直接ランキングのアルゴリズムで使用されることはありません。品質評価者のデータは、レストランにあるフィードバック カード(お客様アンケート)のようなものです。こうしたフィードバックを利用して、Google のシステムが機能しているかを確認しています。

品質評価者がどのようにコンテンツの品質を評価しているかを理解すれば、コンテンツの改善に役立てることができるかもしれません。そして、コンテンツを改善することで、Google 検索での掲載順位も改善される可能性があります。

品質評価者は、Google が E-A-T と呼ぶ基準に基づいてコンテンツが優れているかを判断するために特別な訓練を受けています。この基準は「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を意味します。品質評価ガイドラインを確認することで、E-A-T の観点からコンテンツを評価して、検討すべき改善点を見つけられるかもしれません。
引用元:Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

今後も変動が続く可能性もありますので自サイトコンテンツをチェックし、日々確認し続けることが重要です。
しっかりと作り込まれていたコンテンツであったが、今までランキングされていなかったものがアップデートのタイミングで再評価、検索順位のトップにランクインするということも考えられます。
逆にアップデートの影響で順位がダウンする場合もあります。
上記ウェブマスター向け公式ブログからの引用にもあるように、SEOでは既存コンテンツの見直しがとても重要です。
新たにコンテンツを作ることも必要になりますが、それ以上に既存コンテンツの見直し(時代錯誤な内容、古いものから新しいものへのブラッシュアップ)、リンク切れがないか再度構築など、コンテンツを常に最新のものにアップデートするなど、更新し続けることがSEO対策の非常に重要なポイントです。

公開時期を問わず、ユーザーに向けたオリジナリティあるものとして書かれたコンテンツは、こういったアップデートで常に見直され上位表示される可能性が高まります。
今後もアップデートし続けられることを考えると、これまで以上にオリジナリティあるコンテンツが重要となってきます。
マイナス影響が見られる場合は、コンテンツとウェブサイト全体のクオリティを見直し、ブラッシュアップしていきましょう。

にほんブログ村 ブログブログへ

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

CONTACT

Webのマーケティングやホームページの制作に関するお問い合わせ、お見積りはこちら。 不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。